ベビーシッターも結構大変なんです。


by kpsxktarpk

カテゴリ:未分類( 66 )

 中学1年の長女(12)に暴行したとして、兵庫県警東灘署は9日、暴行容疑で、尼崎市立尼崎養護学校教諭、大仁一男容疑者(55)=神戸市東灘区森南町=を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、9日午前0時10分ごろ、自宅で長女の両足を引っ張るなどの暴行を加えたとしている。長女は背中にかすり傷などを負っており、同署は傷害容疑でも調べる。

 東灘署によると、大仁容疑者は生活態度などについて注意した長女に口答えされたことに立腹。妻(48)が110番通報した。大仁容疑者はこれまでに暴行をしたことはなかったとみられるが、日ごろから妻に暴言をはくことが多いとして、妻が先月上旬に同署に相談していたという。

【関連記事】
「殺人起訴で傷害致死認定」確定へ 水戸地検、控訴断念
2人目元教官、二審も実刑 少年院暴行事件の控訴審 広島高裁
女性に乱暴し現金強奪 容疑の会社員逮捕
イヤホン引きちぎり、顔面殴打 高3生に暴行容疑で男逮捕 福岡
4歳長女を虐待の疑い、父親と同居女逮捕 福岡
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

ネット選挙の現場 ツイッターで政局も発信(産経新聞)
参院選 7月11日固まる 郵政法案、今国会成立見送りへ(毎日新聞)
プロレスラー武藤敬司選手が接触事故(産経新聞)
<犯歴誤登録>人格権侵害認め国に1万円賠償命令 大阪地裁(毎日新聞)
官僚大バカ→知識と経験生かす…菅さん変心(読売新聞)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-06-15 15:17
 鳩山首相と小沢幹事長は、ともに「政治とカネ」を巡って元秘書が政治資金規正法違反に問われ、厳しい批判を浴びてきた。

 首相の偽装献金事件が発覚したのは昨年6月。東京地検特捜部は市民団体からの告発を受け、衆院選後の9月に捜査を開始。12月24日、資金管理団体「友愛政経懇話会」など2団体の政治資金収支報告書に総額約4億円の虚偽記載などをしたとして、政治資金規正法違反(虚偽記載、不記載)で元公設第1秘書(59)を起訴(別に元政策秘書を略式起訴)した。元秘書は今年4月に執行猶予付きの有罪判決を受け、首相は「政治家としての責任を痛感している」と述べていた。

 捜査の過程では首相の母親から毎月1500万円、総額12億円余の資金提供があったことも判明。首相は修正申告したが、母親からの資金提供は「知らなかった」との釈明を繰り返した。

 小沢氏の資金管理団体「陸山会」を巡っては、04年に同会が土地を購入した際に小沢氏からの借入金4億円を同年分の収支報告書に記載しなかった疑惑が昨年秋に浮上。今年1月、元私設秘書の石川知裕衆院議員(36)=民主党を離党=ら3人が特捜部に政治資金規正法違反(虚偽記載)で逮捕され、2月に起訴された。

 小沢氏は容疑不十分で不起訴とされたが、東京第5検察審査会は4月、捜査段階の石川議員の供述などを基に小沢氏を「起訴相当」と議決。特捜部は小沢氏らに再聴取したうえで5月、再び小沢氏を不起訴処分とし、小沢氏は「潔白」を強調した。だが、同審査会による第2段階の審査があり、再び「起訴すべきだ」(起訴議決)と判断されれば小沢氏は強制起訴される。

 ある法務・検察幹部は両氏の辞意表明について「まさか小沢幹事長まで辞めるとは思っておらず、驚いた。ただ、一連の事件とは直接関係ないんじゃないか」と話した。

【関連ニュース】
【写真で見る】鳩山首相退陣表明
【毎日新聞号外で読む】鳩山首相辞任 普天間迷走で引責
【辞意表明詳報】鳩山首相辞任表明:両院議員総会詳細1 「国民のための予算成立 誇りに思っている」
【写真で見る】鳩山由紀夫氏の軌跡
■明快図説■民主党の党内人脈図

「ワクチン行政」医師悲鳴 だぶつく8400万回分(産経新聞)
<公取委>違反企業の課徴金額が過去最多に(毎日新聞)
多発性骨髄腫治療薬レブラミドの適正管理手順を了承(医療介護CBニュース)
不同意堕胎 医師が関与認める 警視庁、慈恵医大病院を捜索(産経新聞)
<鳩山首相辞任>小沢氏とともに「事件」で批判 釈明に徹し(毎日新聞)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-06-03 21:11
 33年前のひき逃げ事件で9歳の娘を失った東京都文京区の印刷会社経営、荻野佳昭さん(71)、泰子さん(68)夫妻が、埼玉県内で昨年9月に起きた男児ひき逃げ事件の捜査に協力するため、現場の地図などが載ったチラシ約20万部を無償で印刷、近く新聞の折り込みなどとして配られる予定だ。

 ひき逃げされたのは、埼玉県熊谷市の市立石原小学校4年小関(こせき)孝徳君(当時10歳)。昨年9月30日午後6時50分頃、同市内の市道で頭部をひかれて死亡しているのが見つかったが、今も犯人は捕まっていない。

 母子2人暮らしだった母代里子さん(42)は事件以降、犯人逮捕につながればと、同級生の母親らと、現場周辺で通行車両のナンバーをメモして県警に提出したり、目撃者を捜すため県警作成のチラシを配ったりしてきた。

 荻野さん夫妻が報道で代里子さんの活動を知ったのは4月。「気持ちが痛いほど分かる」と代里子さんと連絡を取った。夫妻は1977年11月、都内で長女公与(きみよ)さんをひき逃げ事件で失い、協力者と一緒にチラシ配りを続けた。約1か月後、容疑者は逮捕された。

 荻野さん夫妻は代里子さんと会い、チラシの無償印刷を提案。当時の状況を正確に伝えるため、現場に足を運び、代里子さんもチラシの原稿に何度も修正を加えて完成させた。

 「娘の事件は周囲の協力のおかげで解決できた。少しでもその恩返しになれば」と荻野さん。代里子さんは「涙が出るほどありがたい。どんなことでもいいので情報が集まり、解決につながってほしい」と訴えている。

 チラシはA4判の両面印刷。「サッカーの大好きな少年でした」との見出しで、孝徳君の写真も掲載した。読売新聞販売店(YC)も協力し、近く、熊谷市などで配られる新聞に無償で折り込むほか、代里子さんらも戸別配布するという。

日経225先物 明日の展望
<こち亀>麗子像「スタイル守る」 制作会社現場確認、補強など対策検討(毎日新聞)
将棋 3連覇の羽生名人「山あり谷ありの勝負でした」(毎日新聞)
気候変動「重要な課題」=皇太子さま、アフリカシンポで(時事通信)
父子家庭にも児童扶養手当…改正法が成立(読売新聞)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-05-27 17:49
 久しぶりに見えた故郷は、まばゆいほど明るかった−−。人類初となる小惑星の岩石採取に挑み、6月の地球帰還を目指す小惑星探査機「はやぶさ」が、地球の撮影に成功した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が17日、公表した。地球の左側には月も写る。ともに非常に明るいために上下に光の帯が生じたが、故郷が目前に迫った証拠といえる。

 星の位置から探査機の位置を確認するカメラを使い、地球帰還に向けた軌道修正後の12日に撮影した。地球からの距離は約1350万キロの地点で、地球の明るさはマイナス8.3等、月はマイナス4.6等だった。

 はやぶさは時速約1万8000キロで地球へ向かっている。計画では6月13日に大気圏に突入し、岩石が入っている可能性があるカプセルはオーストラリアの砂漠に落下する。

 プロジェクトを率いてきた川口淳一郎JAXA教授は「やっと地球が見えた。我々だけでなく、おそらくはやぶさにとっても非常にうれしい画像だ。いよいよ帰還が近づいた」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
はやぶさ:6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え
小惑星探査機はやぶさ:地球帰還が確実に 軌道に到達
小惑星探査機:はやぶさ、6月13日地球帰還 岩石採取?「カプセル」無事回収なるか
ニュース交差点:科学 はやぶさ、6月13日帰還へ
082 「はやぶさ」物語(その3)

ベッカムも触った1億円の金塊きょう最後 実はレンタル…相場高騰(産経新聞)
採用半減、閣議決定先送り=国家公務員、一部府省から異論(時事通信)
「宇宙滞在」の種子、紛失か=山崎さんシャトルで回収後(時事通信)
小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕−福岡県警(時事通信)
<京都点滴混入事件>「特別な母親と見られ、居心地良かった」 公判で動機語る(毎日新聞)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-05-18 22:00
 “天平美女”の正体は−。平城遷都1300年祭のメーンイベントが開催中の平城宮跡会場(奈良市)のパビリオン「平城京歴史館」で、遣唐使船の映像を、おっとりとした声で紹介する女性が、来館者の評判となっている。天平衣装をまとったアンドロイドなのだが、終始ほほえみながら、わずかに表情を変え、まばたきをするリアルな動きに驚きの声が上がっている。

 ロボット製作会社「ココロ」(東京都羽村市)製作の接客ロボット「アクトロイド」で、平成17年に愛知県で開催された「愛・地球博」に登場し、注目された。歴史館のアクトロイドは身長165センチで、アニメーションを通して遣唐使の歴史や渡航の様子を再現した「遣唐使シアター」の画面前に立ち、おっとりとした声でシアターの冒頭の語りを担当している。

 身ぶりを交えて話した後はただ立っているだけだが、よくみると口角やまゆが動き、まばたきをし、わずかに身じろぐ。あまりのリアルさに、不思議そうに近づいて正体を探るように見入る子供もいた。

 名古屋市の会社員、加藤明海さん(29)は「かわいい人がいると思ったらロボットだった。肌もリアルで、止まっているときも人間が立っているときと同じような微妙な揺れがあってすごい」と話していた。

【関連記事】
九大院生らロボット大会装い詐取容疑 福岡市役所を捜索
通天閣ロボ、初めて上京 東京タワーでツッコミ芸
表情豊かに「女性そっくり」ロボット 大阪大が公開、笑顔やまばたきも
中日本高速道路と富士重、清掃ロボット開発
矢口真里「怖い!」 日本初の恐竜ライブショー
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

谷川岳でスキー滑落 川崎の男性死亡(産経新聞)
もんじゅ 国際標準化へ先手 米仏と協力、追う中印(産経新聞)
医師不足や保険制度めぐり3議員が意見―医療政策シンポ(医療介護CBニュース)
<もんじゅ>炉心確認試験、5時間遅れで終了(毎日新聞)
居酒屋強盗、系列店店長刺し40万円奪う 大阪・西淀川(産経新聞)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-05-11 15:06
 1980年から21年間、国際オリンピック委員会(IOC)会長を務め、五輪の商業化やプロ選手の参加などを推し進めたフアン・アントニオ・サマランチ前会長が21日、心臓疾患のため、スペイン・バルセロナ市内の病院で死去した。89歳だった。

 バルセロナ出身。金融など実業家として地位を高め、フランコ独裁政権のもとでスポーツ官僚として活躍。駐モンゴル、駐ソ連大使なども務めた。66年からIOC委員となり、理事、副会長を経て、80年7月のIOC総会で第7代会長に当選した。

 就任後、最初の夏季大会となった84年ロサンゼルス五輪では大会組織委員会が世界的なスポンサー制度を導入し、財政難からの脱却に成功。これをきっかけに五輪の商業化を進めた。また、「五輪は最も優れた選手が競う場」と主張し、92年バルセロナ五輪ではプロ選手の参加を全競技に拡大した。

 しかし、五輪が巨額の利益を生むイベントとなったことで弊害も生まれた。98年長野、02年ソルトレークシティー五輪の招致をめぐっては、IOC委員にわいろが渡された疑惑が浮上。99年のIOC総会では6人の委員が除名され、自身も信任投票を受けた。

 01年に会長職を退き、終身名誉会長に就任。16年夏季五輪の開催地を決めた昨年10月のIOC総会には、立候補していたマドリード(スペイン)の応援演説に立ち、得票につなげる影響力を見せた。【百留康隆】

露大統領「領土問題から逃げない」(産経新聞)
<名古屋市議会>恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)
独法通則法改正案が衆院通過(時事通信)
<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)
<火災>鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡(毎日新聞)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-04-24 12:31
 埼玉県警川越署は14日、同県日高市高萩、塗装工鈴木徹容疑者(40)を道交法違反(無免許運転)容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、鈴木容疑者は同日午前5時55分頃、同市森戸新田の国道407号で、無免許で乗用車を運転した疑い。同署が2008年11月に同県川越市新富町で起きた当て逃げ事故の容疑者とみて捜査していたところ、無免許運転の疑いが浮上し、逮捕現場近くで行動を確認していた。

 調べに対し、鈴木容疑者は県公安委員会の発行した運転免許証を一度も受けたことがなく、「18歳のときに教習所に通ったが、試験は受けたことがない。約20年無免許で運転している」と供述しているという。運転していた乗用車も、無車検、無保険の状態だった。

有明海ノリ養殖を視察=諫早干拓の周辺県訪問−赤松農水相(時事通信)
老人保健に関する先駆的事業を募集―厚労省(医療介護CBニュース)
気象 東京都心に41年ぶり「遅い雪」…千葉は記録更新(毎日新聞)
中国人から「中国の恥だ」 上海万博PR曲に盗作疑惑(J-CASTニュース)
遺言書作成、若年層も 20・30代が亡き後案じ一筆(河北新報)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-04-21 19:25
 13日午前9時半頃、兵庫県川西市小花の猪名川右岸河川敷で、NPO法人「環境にやさしい街づくり推進会」=代表・管野敬さん(84)=が植えていたチューリップ約4000本のうち約500本が折られているのを管野さんらが見つけ、川西署に通報した。

 同署は器物損壊容疑で捜査している。

 同じ場所では昨年4月に150本、一昨年の同月には30本のチューリップが同様の被害に遭っており、同署は関連を調べている。

 発表によると、チューリップは同法人が昨年11月頃、遊歩道両側に1列ずつ植栽。約2週間前から咲き始めたといい、花の下あたりを棒のようなもので折られていたという。

 管野さんは「一生懸命世話してきたのに……。心がすさんだ人がいると思うと残念でならない」と話していた。

超過勤務、過大報告させ手当受給…神戸の財団(読売新聞)
カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討(産経新聞)
<村本さん死亡>遺体が帰国(毎日新聞)
議員の出席率10%程度―空席ばかりが目立つ民主・介護議連(医療介護CBニュース)
子供のライター遊び防止へCR機能 規制浸透に時間 親の注意は不可欠(産経新聞)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-04-19 22:06
 平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相らは5日夕、8日の新党結成に向けた会合を都内で開き、党名や基本理念、政策などについての最終調整を行う。新党には共同代表となる平沼、与謝野両氏と、自民党の園田博之前幹事長代理、藤井孝男元運輸相が参加。また、鴻池祥肇(よしただ)元防災担当相(69)の参加も有力視されている。

 平沼氏は5日午前、都内で記者団に対し、鳩山邦夫元総務相の新党参加について「彼の考え方も聞いてみようと思う。今日は会わない。近いうちに会おうと思っている」とこたえた。一方の鳩山氏は都内で記者団に「与謝野さん、平沼さんには強い同志意識をもっている」と、新党参加への意欲を示した。

 与謝野氏は都内の青木幹雄・自民党前参院議員会長と中曽根康弘元首相の事務所を相次ぎ訪問し、両氏にそれぞれ、自民党離党届を出した経緯や、新党の活動方針について報告。園田氏は5日午後、谷垣禎一総裁に離党届を提出する。

【関連記事】
民主と自民 「中央突破」それぞれの結果
与謝野氏「自民党に明日はない」 新党旗揚げ、議員5人確保
「台風の目」になれるか 与謝野氏離党で新党結成の動き加速
与謝野氏が離党届提出 谷垣氏「残念だ」
新党を動かしたのは邦夫氏、そして石原知事 きっかけは…
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

知事公用車「センチュリー」、ネット売却へ(読売新聞)
「たちあがれ日本」結党の顛末は今夕の会見で(レスポンス)
子ども手当支給 家庭環境で左右(産経新聞)
厚労省、独自の省内事業仕分け…刷新会議に先行(読売新聞)
<訃報>西山静さん85歳=元東京商工リサーチ社長(毎日新聞)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-04-12 22:15
 4日午後0時45分ごろ、東京都江戸川区一之江8の都営新宿線一之江駅を通過しようとした京王線橋本発本八幡行き急行(10両編成)に男性が接触した。男性は全身を強く打って意識不明の重体。警視庁小松川署によると男性は40代。

 都交通局によると、同線は一時全線で運転を見合わせ、約30本が運休し、約8000人に影響した。【杉本修作】

「議員辞職は当然」=自民・大島氏(時事通信)
<スペースシャトル>山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ (毎日新聞)
新型インフルの第一波、事実上終息…厚労省(読売新聞)
「北は終わるかと…」 よど号メンバー 機長も乗客もいない低空飛行(産経新聞)
外国人観光客向け有償ガイド 通訳案内士資格、見直し議論波紋(産経新聞)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-04-07 22:27