ベビーシッターも結構大変なんです。


by kpsxktarpk

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 33年前のひき逃げ事件で9歳の娘を失った東京都文京区の印刷会社経営、荻野佳昭さん(71)、泰子さん(68)夫妻が、埼玉県内で昨年9月に起きた男児ひき逃げ事件の捜査に協力するため、現場の地図などが載ったチラシ約20万部を無償で印刷、近く新聞の折り込みなどとして配られる予定だ。

 ひき逃げされたのは、埼玉県熊谷市の市立石原小学校4年小関(こせき)孝徳君(当時10歳)。昨年9月30日午後6時50分頃、同市内の市道で頭部をひかれて死亡しているのが見つかったが、今も犯人は捕まっていない。

 母子2人暮らしだった母代里子さん(42)は事件以降、犯人逮捕につながればと、同級生の母親らと、現場周辺で通行車両のナンバーをメモして県警に提出したり、目撃者を捜すため県警作成のチラシを配ったりしてきた。

 荻野さん夫妻が報道で代里子さんの活動を知ったのは4月。「気持ちが痛いほど分かる」と代里子さんと連絡を取った。夫妻は1977年11月、都内で長女公与(きみよ)さんをひき逃げ事件で失い、協力者と一緒にチラシ配りを続けた。約1か月後、容疑者は逮捕された。

 荻野さん夫妻は代里子さんと会い、チラシの無償印刷を提案。当時の状況を正確に伝えるため、現場に足を運び、代里子さんもチラシの原稿に何度も修正を加えて完成させた。

 「娘の事件は周囲の協力のおかげで解決できた。少しでもその恩返しになれば」と荻野さん。代里子さんは「涙が出るほどありがたい。どんなことでもいいので情報が集まり、解決につながってほしい」と訴えている。

 チラシはA4判の両面印刷。「サッカーの大好きな少年でした」との見出しで、孝徳君の写真も掲載した。読売新聞販売店(YC)も協力し、近く、熊谷市などで配られる新聞に無償で折り込むほか、代里子さんらも戸別配布するという。

日経225先物 明日の展望
<こち亀>麗子像「スタイル守る」 制作会社現場確認、補強など対策検討(毎日新聞)
将棋 3連覇の羽生名人「山あり谷ありの勝負でした」(毎日新聞)
気候変動「重要な課題」=皇太子さま、アフリカシンポで(時事通信)
父子家庭にも児童扶養手当…改正法が成立(読売新聞)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-05-27 17:49
 久しぶりに見えた故郷は、まばゆいほど明るかった−−。人類初となる小惑星の岩石採取に挑み、6月の地球帰還を目指す小惑星探査機「はやぶさ」が、地球の撮影に成功した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が17日、公表した。地球の左側には月も写る。ともに非常に明るいために上下に光の帯が生じたが、故郷が目前に迫った証拠といえる。

 星の位置から探査機の位置を確認するカメラを使い、地球帰還に向けた軌道修正後の12日に撮影した。地球からの距離は約1350万キロの地点で、地球の明るさはマイナス8.3等、月はマイナス4.6等だった。

 はやぶさは時速約1万8000キロで地球へ向かっている。計画では6月13日に大気圏に突入し、岩石が入っている可能性があるカプセルはオーストラリアの砂漠に落下する。

 プロジェクトを率いてきた川口淳一郎JAXA教授は「やっと地球が見えた。我々だけでなく、おそらくはやぶさにとっても非常にうれしい画像だ。いよいよ帰還が近づいた」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
はやぶさ:6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え
小惑星探査機はやぶさ:地球帰還が確実に 軌道に到達
小惑星探査機:はやぶさ、6月13日地球帰還 岩石採取?「カプセル」無事回収なるか
ニュース交差点:科学 はやぶさ、6月13日帰還へ
082 「はやぶさ」物語(その3)

ベッカムも触った1億円の金塊きょう最後 実はレンタル…相場高騰(産経新聞)
採用半減、閣議決定先送り=国家公務員、一部府省から異論(時事通信)
「宇宙滞在」の種子、紛失か=山崎さんシャトルで回収後(時事通信)
小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕−福岡県警(時事通信)
<京都点滴混入事件>「特別な母親と見られ、居心地良かった」 公判で動機語る(毎日新聞)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-05-18 22:00
 “天平美女”の正体は−。平城遷都1300年祭のメーンイベントが開催中の平城宮跡会場(奈良市)のパビリオン「平城京歴史館」で、遣唐使船の映像を、おっとりとした声で紹介する女性が、来館者の評判となっている。天平衣装をまとったアンドロイドなのだが、終始ほほえみながら、わずかに表情を変え、まばたきをするリアルな動きに驚きの声が上がっている。

 ロボット製作会社「ココロ」(東京都羽村市)製作の接客ロボット「アクトロイド」で、平成17年に愛知県で開催された「愛・地球博」に登場し、注目された。歴史館のアクトロイドは身長165センチで、アニメーションを通して遣唐使の歴史や渡航の様子を再現した「遣唐使シアター」の画面前に立ち、おっとりとした声でシアターの冒頭の語りを担当している。

 身ぶりを交えて話した後はただ立っているだけだが、よくみると口角やまゆが動き、まばたきをし、わずかに身じろぐ。あまりのリアルさに、不思議そうに近づいて正体を探るように見入る子供もいた。

 名古屋市の会社員、加藤明海さん(29)は「かわいい人がいると思ったらロボットだった。肌もリアルで、止まっているときも人間が立っているときと同じような微妙な揺れがあってすごい」と話していた。

【関連記事】
九大院生らロボット大会装い詐取容疑 福岡市役所を捜索
通天閣ロボ、初めて上京 東京タワーでツッコミ芸
表情豊かに「女性そっくり」ロボット 大阪大が公開、笑顔やまばたきも
中日本高速道路と富士重、清掃ロボット開発
矢口真里「怖い!」 日本初の恐竜ライブショー
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

谷川岳でスキー滑落 川崎の男性死亡(産経新聞)
もんじゅ 国際標準化へ先手 米仏と協力、追う中印(産経新聞)
医師不足や保険制度めぐり3議員が意見―医療政策シンポ(医療介護CBニュース)
<もんじゅ>炉心確認試験、5時間遅れで終了(毎日新聞)
居酒屋強盗、系列店店長刺し40万円奪う 大阪・西淀川(産経新聞)
[PR]
by kpsxktarpk | 2010-05-11 15:06